本文へスキップ

 レインドロップテクニックとは


「レインドロップテクニック」はセラピーグレードのエッセンシャルオイルだけが出来る原液をそのままそっと背骨に雨粒のように垂らしていき、まるで鳥の羽でなでるように軽く延ばしエネルギーを広げていきます。

7種類のシングルオイルと2種類のブレンドオイルを用います。この
純粋な植物オイルには感情、精神に働きかける力もあり大きな癒し効果も期待できます。

オイルの効果は、5日から7日間ぐらい持続します。

レインドロップテクニックに用いるエッセンシャルオイルは、非常に抗菌性が高いことに加え、100%オーガニックのセラピーグレードのエッセンシャルオイルを使用します。

このオイルは、米国食品医薬品局で内服に対し安全と言われています。

アメリカでは医師から、カイロプラクティック療法士、自然療法士に至るまで、さまざまな医療専門家の多くが、エッセンシャルオイルに活路を見出しはじめています。
(エッセンシャルオイル総合医学ガイドより。)


      オイルの効能


オレガノ

気管支炎・リウマチ


タイム
 

皮膚炎・坐骨神経痛・疲労


バジル

偏頭痛・精神疲労・生理不順


サイプレス

血液循環・不眠症・更年期障害


ペパーミント

頭痛・生理不順・のどの炎症・消化障害


マジョラム

気管支炎・消化不良・便秘


ウインターグリーン

関節炎・リウマチ・筋肉痛・高血圧


希釈しないエッセンシャルオイルを使うのはフランス式のアロマテラピーと同じです。
フランスの多くの医師が安全で効果的なエッセンシャルオイル原液の使用とそれがもたらす劇的で強力な効果を実証しています。


●アメリカでは多くの医療専門家がレインドロップテクニックを導入し、坐骨神経痛、脊柱側湾症、脊柱後湾症、慢性的な背痛等に非常に優れた方法であると評価しています。


●ある種の微生物が脊髄近くに住みついて背骨の変形を引き起こす原因になっているという事を示す研究結果が増えています。

「レインドロップテクニック」に用いるエッセンシャルオイルは抗菌性の高い複数のオイルを連続して使う相乗作用によってウイルス性の病原菌や炎症に作用します。


背骨から取り込まれたエッセンシャルオイルはその対応する器官、細胞の奥まで栄養を運び、機能の向上、免疫力の向上、ホルモンバランスの調整、組織の再生、解毒作用の促進などに働きます。

嗅覚や皮膚から取り込まれたエッセンシャルオイルは脳に酸素を運び、大脳辺縁系(感情の座)、扁桃体(記憶)に働き自律神経の調整、感情や精神的ショックからの開放、気分の高揚、ストレス開放など心理面、感情面などの調整が行われます。

五感のうちで唯一感情を司る脳の辺縁系に直接つながっているのが嗅覚です。

 
メールinfo@freege.co.jp